福島の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん福島店へ。

外壁の塗り替えなら街の外壁塗装やさん福島店

街の外壁塗装やさん福島店

〒960-8055

福島県福島市野田町2-7-8 コーポオータ102号

TEL:0120-540-486

FAX:024-597-8392

福島市・伊達市・桑折市で多くの外壁の塗り替えご検討中のお客様に選ばれています
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-540-486

[電話受付時間] 9時~18時まで受付中

メールでのお問い合わせ

福島市の貸店舗ビルで、雨漏り相談から外壁塗装になった現場です


外壁からの雨漏りを止めるための下塗りです。

さしゅう下塗り

外壁からの雨漏りを止めるための下塗りが始まりました。

この貸ビルは、雨漏りがひどく、過去に屋上防水を前面で施工しました。いったんは収まったのですが、今度は外壁からの雨漏りが発生してしまいました。

地震の影響が大きいのですが、特に窓周りがひび割れたりかけたりしましたので、そこをまずは補修してその後シーリングの打ち直しをして、その上で弾性系のフィーラーを外壁前面に塗装しております。

弾性フィーラーの塗布は、ウーローラーで手塗りで施工していきます。たっぷり塗布して、小さなひび割れも見逃しません。

雨樋の受け金具の錆と竪樋の劣化がひどいです

さしゅう樋
さしゅう

雨樋の受け金具の錆と竪樋の劣化がひどいです。

雨樋の受け金具は金属ですので、必ず錆びてきます。そのままですと、錆の為劣化が進み受け金具が折れてしまいます。雨樋そのものも、塩ビ管ですので、塗装で保護をしていないとやがては劣化して割れやすくなっていきます。

塩ビ管は、金属では無いので錆止めは必要ありませんが、受け金具だけは錆が浮いてきたらその錆を落として、錆止めを塗布してその上に裏単塗装を施工していきます。

雨樋は、屋根や屋上に溜まった雨水を流してやる役目をしている大事なパイプですので、やはり塗装での保護をしてやり長持ちさせることが重要ですね。

貸店舗ビルの裏側の外壁から雨漏りがしています。

さしゅう

貸店舗ビルの裏側(南面)から雨漏りがしています。

東日本大震災で大きく揺られたビルは、外壁にひび割れや欠けた所が見られ、シーリングが切れてしまったところもあります。

その部分をまずは補修して、ほぼ雨漏りが止まった状態まで下塗りで持っていきます。

その後にシリコンで最後に塗装していく予定になっております。

特にこれから台風シーズンに入っていきますので、風を伴った強い雨には気を付けていきましょう。

足場が外れた時が楽しみですね。

同じ工事を行った施工事例

同じ地域の施工事例

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ
new画像

ブログアイコン 2階建てアパートの色が褪せた外壁の塗装見積もりに郡山市へ

  今日は郡山市にお住いのアパートオーナー様よりお問合せがあり、 郡山市へアパートの現調・見積もりに行ってきました。   アパートは6世帯が入居している2階建てのアパートで築40年が経過する時期に入り、 外壁が色褪せてきたため塗装をして見栄… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 二本松市のアパートで外壁のチョーキングや凍害、目地シーリングの劣化

二本松市のアパートですが、塗膜の下に水が入り込んだため、凍害で剥がれてしまった跡が見られます。 凍害とは、塗膜の下に水が入り込んで冬場にその水が凍って膨張するので、塗膜を剥がしてしまいます。 写真のように、窓の結露で常に水が外壁に滴り落ちて… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 福島市の会社のALC外壁と基礎の間からの雨漏れ防止シーリング打ち替えです

 今日は、福島市の会社のALC外壁の塗装の工程で基礎と外壁に施工されていたシーリングの打ち替えをしています。  古くなって劣化し硬化したシーリングのままにしておきますと、雨水が入り込み雨漏りの原因になったり、建物の構造に影響を及ぼす事も心配… 続きを読む
福島市、伊達市やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん福島店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 9時~18時まで受付中
phone0120-540-486
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん福島店に