福島の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん福島店へ。

外壁の塗り替えなら街の外壁塗装やさん福島店

街の外壁塗装やさん福島店

〒960-8055

福島県福島市野田町2-7-8 コーポオータ102号

TEL:0120-540-486

FAX:024-597-8392

福島市・伊達市・桑折市で多くの外壁の塗り替えご検討中のお客様に選ばれています
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-540-486

[電話受付時間] 9時~18時まで受付中

メールでのお問い合わせ

福島市野田町のフローリング床が、痛んで剥がれたことでの現調


フローリング材の床が擦り切れてしまっています。

フローリング1

フローリング材の床が、剥がれてしまっています。

フローリング材は、擦り切れてくると塗膜がなくなり下地の合板が出てきてしまいます。床材のフローリングを保護する塗膜がないのですから、どんどん痛んでいって下地の合板が擦り切れてしまうのです。

フローリング材は、太陽の光や水にも弱いので、直射日光や水滴が落ちるようなところは早く剥げてきます。

キャスターで擦れたり、水で剥がれたりします。

キャスター部

キャスターでいつも擦れているところは、どうしても早く剥がれてしまいますね。

キャスター部分で塗膜がこすれるので、床材のフローリングを保護している塗料が落ちてしまいます。

下地の合板が出てしまってどんどんへこんでいきます。

フローリング2

洗面台の下は、どうしても水が落ちるので濡れたままにしておくと、水が塗膜を腐食させてその下にある合板まで染み込んでいってしまうんですね。染み込んだ水は合板を腐らせます。強力な2液型のウレタンで塗膜を作り、フローリングの床材への水の侵入を防ぐ必要があります。

全体的に傷みが見られますね。

全体図 床

全体的に見ても傷みが見られます。ところどころの剥がれは、常に歩くところや水が落ちやすい場所、太陽光が直接あたって紫外線にやられている場所があります。色が落ちてしまったところは、いちどステインで色を付けて、その後2液の透明ウレタンで仕上げる必要があります。これ以上酷くなると塗装ではカバーできなくなるので、早めの床塗装をお勧めします。

同じ工事を行った施工事例

同じ地域の施工事例

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ
new画像

ブログアイコン 福島市の事務所様で内部の間仕切り工事や塗装工事の養生

  福島市の事務所様で、内部の間仕切り壁の開口や内部の塗装工事が始まりました。 今日は工事開始前に行う、養生作業の様子をご紹介したいと思います。   養生作業とは、工事に取り掛かる前に汚してはいけない部分の囲いや、 別の部屋にホコリなどが飛… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 福島市庭坂で屋根塗装中の追加工事で石油タンクの入替を

  福島市庭坂のお客様宅で屋根の塗装工事を行っていますが、工事中の追加工事で 石油タンクの入替工事を行った内容のご紹介です。   前回は石油タンク設置の準備で、固定ブロックの据付までの内容をご紹介しましたが、 引き続き設置完了の流れまでをご… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 福島市で屋根塗装中のお客様宅の灯油タンク入れ替え工事

  福島市庭坂にお住いのお客様宅で、コロニアル屋根の塗装工事を 行っております。   施工中にお客様より「灯油タンク古くなって、灯油が漏れてくるので交換したい」 とのご要望があり、使用した年数も長かったため交換することとなりました。    … 続きを読む
福島市、伊達市やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん福島店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 9時~18時まで受付中
phone0120-540-486
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん福島店に