外壁の塗り替えなら街の外壁塗装やさん福島店

街の外壁塗装やさん福島店

〒960-8055

福島県福島市野田町2-7-8 コーポオータ102号

TEL:0120-540-486

FAX:024-597-8392

福島市・伊達市・桑折市・で多くの外壁の塗り替えご検討中のお客様に選ばれています
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-540-486

[電話受付時間] 9時~18時まで受付中

メールでのお問い合わせ
  • HOME 
  •   > コラム > 外壁サイディングボードのつなぎ目のシーリングは、なぜ重要か?

外壁サイディングボードのつなぎ目のシーリングは、なぜ重要か?


外壁サイディングボードのつなぎ目の、シーリングが劣化しています。

シーリング1

外壁サイディングボードのボードとボードをつないでいるシーリングが、劣化しています。

シーリングとは、ゴムのようなもので現場で施工します。

サイディングボードを外壁に貼り終わったら、つなぎ目から雨漏りがしないようにシーリングをしてボードとボードをつないでいきます。

最初はどろどろとした練り状の個体ですが、固まるとゴム状になります。

ゴムみたいなものですから、当然劣化すると弾力性がなくなり切れてしまいます。

シーリングの劣化が進むと、サイディングボードまで凍害で割れてしまいます。

シーリング3
シーリング2

シーリングの劣化が進みシーリングが切れてくると、サイディングボードまで凍害で割れてしまいます。

シーリングが切れるとそこから水が入り、サイディングボードまで染み込んでいきます。染み込んだ水は、冬季には凍り膨張してボードが耐えきれなくなり割れてしまうんですね。これが外壁サイディングボードにおきる凍害です。

シーリングが切れてくると、隙間から雨漏りしますし、もちろんボードが割れたところからも雨水は入っていきます。

そうなってからでは、壁の中の断熱材や柱なども腐れせてしまう原因になります。いろいろなところに弊害が出てしまうのです。

早めのお手入れ、シーリングのうち替えが必要ですね。

外壁サイディングボードが、チョーキングを起こしています。

チョーキング

外壁サイディングボードがチョーキングを起こしていて、手に粉が付きました。

チョーキングとは、外壁サイディングボードの塗膜が劣化して粉を吹いてきます。塗膜が粉になっていくんですね。

チョーキングを起こしているかは、手で外壁サイディングボードをこすってみるとわかります。写真のように手に付きますから、一目瞭然ですね。

外壁サイディングボードがチョーキングを起こして、尚且シーリングが劣化して切れてきたら、外壁の塗り替えをお勧めします。

外壁塗装とシーリング工事は切っても切れない関係にあるんですね。

福島市、伊達市やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん福島店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 9時~18時まで受付中
phone0120-540-486
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん福島店に