外壁の塗り替えなら街の外壁塗装やさん福島店

街の外壁塗装やさん福島店

〒960-8055

福島県福島市野田町2-7-8 コーポオータ102号

TEL:0120-540-486

FAX:024-597-8392

福島市・伊達市・桑折市・で多くの外壁の塗り替えご検討中のお客様に選ばれています
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-540-486

[電話受付時間] 9時~18時まで受付中

メールでのお問い合わせ
  • HOME 
  •   > コラム > セメント瓦屋根を剥がし、雨漏りの実態調査を行った結果です。

セメント瓦屋根を剥がし、雨漏りの実態調査を行った結果です。


セメント瓦屋根は、古くなると雨漏りの確率が上がります。

セメント瓦8

よく見かける古い貸家ですが、実は雨漏りがしている場合が多いです。

内部まで漏れてない場合がほとんどですが、雨水は確実に浸食しているのです。

セメント瓦屋根の塗装が剥げ落ちています。

セメント瓦3

セメント瓦は、焼き瓦や陶器瓦と違って塗装が必要です。

たいがいは現場での塗装になるので、10年20年とたつと、当然剥がれ落ちてきます。

塗膜がなくなると、その部分から雨がしみこんでいくんですね。

セメント瓦2

塗膜が剥がれると、下地のセメント部分が出てしまいます。セメント瓦というくらいですので、当然セメントでできたいる瓦になります。

セメントは雨をはじきません。セメントは雨を吸い込むんですね。雨を吸ったセメントはだんだんと侵食され、もろくなってきます。

もろくなったセメント瓦は、割れやすくなってくるのです。特に台風のような強風が吹いたりすると、もろくなったセメント瓦は割れてしまうんですね。

自然に割れたセメント瓦です。

セメント瓦6

自然に割れたセメント瓦です。

塗膜が剥げて雨水を吸ったセメント瓦が、長い年月をかけて浸食されもろく割れやすくなってしまったのだと思われます。

そうなったセメント瓦は、風であおられただけでぽきっと割れてしまうんですね。

セメント瓦を外したら、油紙がボロボロでした。

セメント瓦4

セメント瓦葺きは、下地に油紙を敷きます。昔の古い紙なのでもろくなっていますね。

しかも、セメント瓦が割れて雨漏りを起こしていたので、油紙まで浸食してボロボロになっていたのです。

これでは防水の役目は全くしていないですね。

セメント瓦5

油紙を敷くことによって、瓦屋根がずれてもすぐには雨漏りがしないようになっています。

でも、その油紙自体がボロボロでは役に立ちませんね。野地板も腐ってきていて、内部まで雨漏りがしている状態になります。

綺麗にセメント瓦が並んでいるように見えます・・・が?

セメント瓦1

とてもきれいにセメント瓦が並んでいるように見えますが、実はセメント瓦の下では、大変なことがおきていたのですね。

特に下から見ただけでは屋根の状態はわかりません。

必ず屋根に上がって、現場調査をすることをお勧めします。

少しのずれでも雨漏りは起きているのです。

福島市、伊達市やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん福島店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 9時~18時まで受付中
phone0120-540-486
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん福島店に